ドライブデートをしている彼との未来は電話占いで解決!

ドライブデートをしている彼との今後が心配…

そんな女性って多いと思います。友人、家族に話せない不安なことって一杯ありますよね。そんな時は第三者で忠実なアドバイスをくれる占い師の方に見てもらうのも良いかと思います。

占いで車の買い替えを見てもらったり、ドライブデートの行き先を暗示してもらったり色々な用途で使っている女性もたくさん。

私の友人なんて彼とのデートに着ていく服装を占い師の方に相談していました。完全な占いマニアです。

でも占いって街に出て対面で見てもらうイメージがあると思います。でも、今はそんなことしなくてもスマホ1台あればどこからでも本格的な占いを受けることができます。

それが電話占いです。

誰にも聞かれることなく自分の悩みだけを聞いてくれるので恋愛、結婚関連の相談が非常に増えてきています。当たる電話占いランキング

私も友人がすっごく楽しそうに話しているのでつい先日利用したばかり。

優しい口調の先生で相談した内容は彼との結婚についてです。

結果としてはかなり相性の良い男性らしく2年以内に結婚できる可能性が高い。もしそれがダメなら別れて他の男性とくっついた方が良いといった意外にもスパイスの効いたアドバイスをもらうことができます。まぁ2年以内に今彼との関係性に決着がつくようなので今からドキドキしています。

友人いわく本当に当たる先生みたいなので期待していいよ!とのことでした。

こんな風に彼との関係性など電話だと落ち着いた気持ちで電話することができて意外にも良かったです。ハマる人の気持ちが少しわかったような気がします。

もし今、ドライブデートしている彼との未来が心配な場合、占い師の方にアドバイスをもらうといった方法もあります。1人で悩まないで周りにいる方の助けをもらっていくことも女性は大切ですよ♪

自動車保険は毎月支払いと1年一括払いのどちらがお得なのか?

自動車保険の支払い方法には、毎月支払う方法と年一括払いの大きく2つの方法があります。

支払い金額を比較すれば、保険会社にもよりますが1年一括払いの方が毎月支払うよりもトータルにして2〜5%お得になります。

保険料を安くしたいと考えている人にとっては、やはり1年分を一括で支払う方が断然おとくになります。

しかし普通自動車の保険料は年間で10万円前後するケースが多いですから、これを一括で支払うのは難しいのがほとんどではないでしょうか。

特に若い人や新車を購入した人など経済的に余裕がない人は、無理をせず月払いにすればいいでしょう。

保険会社によっては年に10回など分割回数を選べる会社もあります。

分割による支払方法ですが、保険会社が直接請求するものと、クレジットカード会社による分割払いの2つがあります。
保険会社が直接請求する分割払いでは、手数料は一律5%と決まっています。

これに対しクレジットカード会社による分割払いでは、分割手数料はカード会社や分割回数によって異なり、おおむね8%程度となっています。

すべての保険会社で分割払いとすることはできませんが、クレジットカード払いとすることで実質的に分割払いとすることが可能です。

いわゆる通販タイプの保険では、分割払いに対応していない場合もありますので、よく確認しておくとよいでしょう。

また自動車保険に契約しても保険料を支払っていない間は、事故を起こしても補償されないので要注意です。

自動車によって保険料はどうやって変わっていくのか?

自動車によって保険料が変わってくることも、自動車保険に加入する際には知っておきたいものです。
まず軽自動車と普通自動車で、自動車保険の保険料も異なってきます。

強制保険の保険料は軽自動車と普通自動車ではそれほど差がありませんが、任意保険となると大きく異なってきます。

保険会社や契約内容によって大きく違ってきますが、軽自動車の場合の保険料はおおむね2〜5万円程度で収まるのに対し、普通自動車の場合は7〜10万円以上と高くなります。

つまり軽自動車と普通自動車とでは、自動車保険の任意保険の保険料は倍以上違ってくると考えておいた方がいいでしょう。

また普通自動車の場合、任意保険では車種によっても保険料が異なってきます。任意保険では普通自動車の車種に対して1から9の数値に分かれた料率クラスを設定しています。そしてこの数値がさらに対人、対物、傷害、車両の4項目について細かく設定されています。

この数値が高くなるほど事故率が高いとされていて、保険料も高くなることになります。

スポーツカーや輸入車、高級車などの車両価格が高い車ほど、料率クラスも高くなる傾向があります。また料率クラスは毎年見直されるものであり、各車種の事故率などによって変動します。

一方軽自動車の場合は料率クラスがありませんし、普通自動車と比べると高速で遠距離を走行するが少ないことなどから死亡事故など重大事故が発生するケースも少ないため保険料も安くなるようです。

緊張する運転もワキガ用クリームで汗を予防

例えば上司をとなりに乗せて運転。初めての車運転とかってなると緊張して汗が止まりません。

またワキガ体質であると緊張汗でアポクリン腺から分泌される汗と皮脂や雑菌が交じり合って車内は異臭を放ってしまいます。

車の中って相手との距離が近いのでニオイもすぐにわかってしまいます。

ワキガ体質の方はニオイに注意をしたいところです。もし初めてのデートなんて時には相手にニオイがバレてかなり険悪であったり、次から会ってもらえなくなる可能性だってあります。

車内のニオイを抑える方法として一番に頭に浮かぶのはやっぱり芳香剤ではないでしょうか。

でも芳香剤ってあまり強力に消臭をしてくれませんよね。

他に消臭スプレーもありますが変な商品を選ぶとシートなどがより臭くなったりします。

それにワキガの原因は車の方ではなく自分自身にあります。アポクリン腺からでる汗を抑える。周りに存在する雑菌を死滅させることがニオイを防ぐ方法でもあります。

そこで私が勧めるニオイ対策はわきが用クリームを使うことです。

クリームタイプなので直接、手で患部に塗るのですが、密着処方で長時間ニオイを抑えてくれる働きがあります。

スプレータイプの比じゃありませんよ♪

大事な日がある場合は制汗剤スプレーよりもクリームタイプを選んでみてください。

汗もかきにくくなりサラサラを維持して車内のニオイも気にならなくなります。

わきが用クリーム特集【満足度・効果・口コミ】を調査
上記のサイトならネットで人気のクリームを数種類分析してくれています。私はノアンデを使ったことがありますが、あれは本当に良いですよ。

中等度以上のワキガ臭、汗臭もバッチリと抑えてくれます。

自動車を買うとかかる維持費について

自動車を購入する人は、買ったあとの維持費について考えておかなければなりません。

車というのは購入代金だけではなく、それを長く保有し続けるためのいろいろなランニングコストが必要になるのです。

具体的にどんなコストが必要なのか、それぞれにどのぐらいの費用がかかるのか、車を購入する前に考えておくといいでしょう。

そうしておけば、安全な予算で計画的に車を購入することができます。

自動車の維持費とは具体的には、ガソリン代、メンテナンス費用、車検代、自動車税、自動車保険料、ローン、駐車場代などがあります。

維持費は定期的に必ず必要になるものから、緊急に出費が必要になるものもあります。

具体的にどんな項目があるのか車を買う前に確認しておきましょう。

最近は自動車のランニングコストを計算できるシミュレーションサイトもあります。

これを利用すれば、車の購入前に維持費についてある程度の予測を立てることができます。

計算の方法はとても簡単で、車種を選択したうえで、いくつかの条件を設定して、計算ボタンを押すだけです。

誰でも簡単に利用ができるので、ぜひこれを利用して維持費を計算しておきましょう。

ただし、シミュレーションによる計算はあくまでも目安としてとらえておく必要があります。

ガソリン価格は国際市場に連動して絶えず動きますし、メンテなン費用については、修理の内容によって費用は大幅に変わります。

シミュレーションはあくまで一つの目安としておきます。

新車購入後、初期不良が発生したらどうする?

新車を買ってすぐに不具合が起こったら、それを初期不良といいます。

これはめったに起こることではありませんが、起こった場合の対処の仕方を考えておくのはいいことです。

まず、初期不良が起こった場合はすぐに購入したディーラーに連絡をします。
その際に初期不良の内容について正確に伝え、対応してくれるように依頼します。

新車にはメーカー保証がついていますので、初期不良の内容がメーカー保証の範囲内であれば、無償で修理してくれます。

ですからユーザーは慌てずに、初期不良があったらすぐにディーラーに連絡しましょう。

ただしこのメーカー保証は、対象に入らないケースもあるのでその点は注意しておかなければならない。

メーカー保証の対象にならないのは、まずほぼ改造を行っている場合や事故車、無理な走行を行っている場合です。

こうした車両については保証の対象にならないので気を付けてください。

また、いわゆる消耗品はメーカー保証の対象になりせん。

消耗品とは、オイルやタイヤ、バッテリーなどのことです。

一方、エアコンやカーナビなどの電装系は保証の対象になります。

初期不良が起こったら、すぐにディーラーに連絡を入れること、そして保証の対象になるケースや部品を確認すること。

この2つの点を抑えておきましょう。

これに加えてもう一つ覚えておきたいのは、保証期間です。

メーカー保証には保証が効く期間が設けられています。

その期間内であれば初期不良を無償で修理してもらえますが、期間外であれば無償の修理はできません。

これも覚えておいてください。

ノンフリート等級制度とは?

自動車保険では割引や割増のランクを「等級」と呼び、「ノンフリート等級制度」によって契約者の自動車に適用される割引や割増が決定されます。 「ノンフリート等級」は1〜20等級のランクに分類され、等級が高くなるにつれて保険料は大きく割引されるようになります。

普通は6等級からはじまり、1年間事故を起こさなければ次の年に1等級上がって保険料は割引されます。 ただし、事故が発生すると3等級下がって、保険料は高くなってしまいます。 2012年にこの等級制度が改定されました。

事故を起こすと次の年に3等級下がって保険料が高くなるというのは変わりませんが、改訂後にはそれだけでなく3年間は通常よりももっと割増された保険料の支払い義務が生じることになりました。 3年間はいわゆる「ペナルティー割増」が生じるので、より金銭的な負担が大きくなることになります。

事故を起こして3等級ダウンしてしまった人は、その後1年間無事故で等級がひとつ上がったとしても、その割引率が適用されることはないということになります。

さらに、事故後の割引率が適用されている間に、再び事故を起こしてしまうとさらに適用期間が長引いてしまいます。

等級による割引や割増は変更になることもあるので、永久的に同じ割引率が適用されるとは限りません。

新たに自動車保険に加入する際に6等級からスタートするのはどの保険会社でも共通ですが、条件によって割引や割増は変わってくるので、契約時にきちんと把握しておくことが大切です。

車所有2台目からの自動車保険で知っておきたいこと

最近では車を2台以上所有する人は珍しくありません。 2台目以降車を購入した場合にお得なのが、自動車保険の「セカンドカー割引」です。

普通、新たに自動車保険に加入すると6等級からはじめることになります。 しかし、契約済みの1台目が11等級以上の場合、2台目は7等級からはじまるので、保険料を安く抑えられます。 1台目と2台目が別々の保険会社であっても、この制度は適用されます。

セカンドカー割引の適用に当たってはいくつか条件はありますが、本人でなくても同居の家族も対象となるので、さまざまなケースで有効活用できるでしょう。

セカンドカー割引を利用するのなら、加入の仕方を工夫することでよりお得に利用することができます。 自動車保険では新車で車両保険をつける場合、運転者が若い場合などは、金額が高くなることがあります。

2台目の保険料が高くなりそうな場合には、車両を入れ替えて1台目の自動車をセカンドカー扱いにして加入し直せば保険料を安く設定することができます。 また、家族でいくつかの車を所有しているのなら、自動車保険をひとつの保険会社に統一することで、いわゆる「おまとめ割引」を受けられることがあります。

契約者を家族のうちひとりにし、保険期間と保険会社をひとつに集約することで、割引を受けることが可能となります。 保険料は月払いにすると5%割増になることが多いですが、この割引を使えば割増がなくなります。

家族が車を購入したなど、いいタイミングで割引を利用すればお得に自動車保険を利用できるでしょう。

新車を選ぶ時の注意点を教えよう!

新車と一口にいってもさまざまな種類があるので、買取店に行く時はその点を考慮に入れて見極める必要があります。

新車はそのタイプによっていくつかの種類に分けることができます。 例えば、今流行りのコンパクトカーがあります。

これは排気量1300cc〜1500ccの車で、小回りの良さと燃費の良さが特徴の小型車です。 もっとも親しみやすく、また最も流通台数の多い車といえるでしょう。 家族向けの車ならミニバンがあります。

こちらは7〜8人の多人数でも同社できる室内空間の広いファミリーカーです。 多人数で乗れるだけでなく、運転席が高いことから見通しがいいこと、また荷物がたくさん積める利点もあります。

標準的なタイプなら、セダンもあります。 セダンはベーシックな形状ですが、高級車のラインナップが多く、走行性能が安定していること、また内装が上質にできていることが特徴です。

スピードと走行性能を意識した車なら、スポーツカーを挙げることができます。 スポーツカーの特徴は、もちろんスピードがあって走行性能が高いこと、さらには見た目がかっこいい点が挙げられます。

乗車人数は多くありませんが安定性能は抜群のスポーツカーです。 比較的最近登場した車としては、SUVがあります。

SUVはスポーツ多目的車と呼ばれます。 その特徴は、外観から性能に至るまで多彩な魅力を備えることです。 デザインはオフロード車のような形状ですが、シーン対応が広くて、街乗りにも馴染む外観です。

一方でエンジンパワーがあって4WDであるなど、あらゆる状況で走りこなせるタフな車でもあります。 レジャー向きで若者に人気のある車といえば、このSUVでしょう。

買取店で新車を見極めるときは、こうしたタイプ別分かれる種類について頭に入れておくといいでしょう。

新車を購入することのメリット

車を購入する場合、中古車より新車が良いと考える人たちもいます。

その理由は、新車購入にはたくさんのメリットがあるからです。 例えば、コンディションの問題があります。 コンディションとは、その車がどんな状態にあるかを示すものです。 これが新車の場合は均一の状態になっているので、どれを購入しても同じコンディションで乗ることができます。

ここが一つ新車購入の大きなメリットです。 中古車購入の場合はこうはいきません。 すでにそれは誰かによって使用された乗り物であり、同じ車種・グレードでも一台一台コンディションにばらつきがあるのです。

それがない新車購入は乗り出しに不安がないといえるでしょう。 また、購入価格の均一性もあります。 つまり新車購入なら、同じ車種・グレードであれば、みんな同じ値段で購入することができるのです。

中古車の場合は逆になります。 同じ車種・グレードであっても、売る業者によって、また交渉次第で値段は変わります。どこに住んでいても、同じ車種・グレードなら平等に同じ価格で手に入るのは新車購入のメリットでしょう。

さらに、新車購入なら、保証期間が設けられているという利点もあります。

この保証期間にもし何かトラブルや交渉があれば、無償で修理してもらうことができます。これもまたメリットの一つです。

そして加えて、新車購入ならではの新車特約という保険サービスをつけることもできます。こちらは任意保険での対応になります。