ノンフリート等級制度とは?

自動車保険では割引や割増のランクを「等級」と呼び、「ノンフリート等級制度」によって契約者の自動車に適用される割引や割増が決定されます。 「ノンフリート等級」は1〜20等級のランクに分類され、等級が高くなるにつれて保険料は大きく割引されるようになります。

普通は6等級からはじまり、1年間事故を起こさなければ次の年に1等級上がって保険料は割引されます。 ただし、事故が発生すると3等級下がって、保険料は高くなってしまいます。 2012年にこの等級制度が改定されました。

事故を起こすと次の年に3等級下がって保険料が高くなるというのは変わりませんが、改訂後にはそれだけでなく3年間は通常よりももっと割増された保険料の支払い義務が生じることになりました。 3年間はいわゆる「ペナルティー割増」が生じるので、より金銭的な負担が大きくなることになります。

事故を起こして3等級ダウンしてしまった人は、その後1年間無事故で等級がひとつ上がったとしても、その割引率が適用されることはないということになります。

さらに、事故後の割引率が適用されている間に、再び事故を起こしてしまうとさらに適用期間が長引いてしまいます。

等級による割引や割増は変更になることもあるので、永久的に同じ割引率が適用されるとは限りません。

新たに自動車保険に加入する際に6等級からスタートするのはどの保険会社でも共通ですが、条件によって割引や割増は変わってくるので、契約時にきちんと把握しておくことが大切です。

Comments are closed.